初級システムアドミニストレーターに合格しよう−初級シスアド合格支援サイト > 初級システムアドミニストレーターとは > 初級システムアドミニストレータ(初級シスアド)試験について

初級システムアドミニストレータ(初級シスアド)試験について

初級システムアドミニストレータ(初級シスアド)とは、経済産業省が実施する国家試験で、情報処理技術者試験の試験区分の中の1つです。

初級システムアドミニストレータ試験は、
「利用者側で情報技術に関する一定の知識・技能をもち、部門内またはグループ内の情報化をエンドユーザの立場から推進する者」を対象としている試験です。

ちなみに情報処理技術者試験は、下記のようにの13区分に分けられています

システムアナリスト
プロジェクトマネージャ
アプリケーションエンジニア
ソフトウェア開発技術者
テクニカルエンジニア(ネットワーク)
テクニカルエンジニア(データベース)
テクニカルエンジニア(システム管理)
テクニカルエンジニア(エンベデッドシステム)
情報セキュリティアドミニストレータ
上級システムアドミニストレータ
初級システムアドミニストレータ
システム監査技術者
基本情報技術者




スポンサーリンク

厳選参考書
1週間で分かる初級シスアド集中ゼミ 午後編〈2006春秋〉
日本経済新聞社
栢木 厚(著)
発売日:2005-10
平成18年度 イメージ&クレバー方式でよくわかる 栢木先生の初級シスアド教室
1週間で分かる初級シスアド集中ゼミ 午前編〈2006春秋〉
日本経済新聞社
木村 宏一(著)
発売日:2005-10
平成18年度[春期] 初級シスアド パーフェクトラーニング過去問題集

This website is powered by Movable Type 3.17-ja Br@ve.