初級システムアドミニストレーターに合格しよう−初級シスアド合格支援サイト > 初級システムアドミニストレーター勉強法 > 初級シスアド午前問題の勉強法

初級シスアド午前問題の勉強法

午前問題の勉強法としては、まず最初に過去問をやることをおすすめします。正直いきなり過去問に挑戦しても分からないことだらけでろくに問題を解くことはできないと思います。

ですので、とりあえず答えを見ながらでもいいので過去1年程度の問題を解いていき、初級システムアドミニストレータ−の試験とはどのようなものでこれからどんなことを覚えていくのかを把握してみて下さい。

ある程度試験の内容が把握できたら、今度は参考書を見ながら過去問を解いていき分からない箇所を参考書で調べて内容を理解することに努めます。

基本的に午前問題に関しては、このように過去の問題を参考書を見ながら繰り返し勉強していくという事を続けていき、過去5,6年分の問題全てが90%以上理解できるようになっていればかなりの確立で合格できると思います。

あと、通勤やトイレ等のちょっとした時間を活用して用語などを覚えていくなどしていけば確実に実力がついてくると思います。




スポンサーリンク

厳選参考書
1週間で分かる初級シスアド集中ゼミ 午後編〈2006春秋〉
日本経済新聞社
栢木 厚(著)
発売日:2005-10
平成18年度 イメージ&クレバー方式でよくわかる 栢木先生の初級シスアド教室
1週間で分かる初級シスアド集中ゼミ 午前編〈2006春秋〉
日本経済新聞社
木村 宏一(著)
発売日:2005-10
平成18年度[春期] 初級シスアド パーフェクトラーニング過去問題集

This website is powered by Movable Type 3.17-ja Br@ve.